Localにあるデータからyum updateをする方法

updates以下をまるまるローカルに落としてしまって、

baseurl=file:///path

とすればよい。そのままである。カーネルを自前で作成しなくても、

updatesにあった新しいバージョンのカーネルはネットワークデバイス呼び出しの

問題を解決しているので、updates以下をCDにでも焼くか、KNOPPIXあたりを使って

一度ローカルに落としておくなりして上を実行すれば解決する。そのまま rpm -Uvh でも何も問題ないとは思うけど。

カテゴリー: Fedora. Localにあるデータからyum updateをする方法 はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。