来年度自作PCパーツ選択終了

初回のパーツをベースにDVDマルチ、12cmファン電源搭載という構成に。

結局、揉めに揉めた電源はAOpenのAO400-12APNで。

最終締切、直前での変更になってしまった。

検証のため実記の調達をしなけばならなかったが、

正規のルートを使うと色々時間もかかるので、

こういうときは自分の足と現金を使うのが一番早い。

12cmファンにしては五月蝿いということで、某所ではあまりいい評価がないけど

もともと騒音を気にする必要がない場所なのでこれで十分だった。

(早い話そんなことしなくても、あそこは十分うるさいということだが)

ケース、電源ともにファンコンがあって、最大にするとものすごい排気量である。

(もちろん相応に五月蝿いわけだが)

対抗馬としてSuper Flowerもあるのだが、ファンが14cmでそれにあわせて電源サイズも大きくなっていることと、

まとまった数を確保できるのは450Wで、値段が上がってしまうので今回は見送り

(単にテスト用に用意する金が惜しくなったというのもあるが)

二年後、自作パーツを選ぶ担当になった人(自分かもしれないが)に向けて

今回の反省点を…ここまで先延ばしにできるのだったら、もう少しテストの台数を

増やすべきだった。パーツのサンプル数を増やせば、それだけデータの信頼性が

増すし、予算的にも十分余裕はあった…はず。

今回は初回に組んだ構成が比較的優秀だったので、これをベースにしたわけだが、

少なくとも3、4台は組んでみて、パーツの良し悪しはチェックすべきである。

あとはちゃんと予算の締め切り期限を把握しておくことや、

パーツ取り寄せのお願いを迅速にするなど担当者とのコミュニケーションを

緊密にしておくべきだったとか…

カテゴリー: ks. 来年度自作PCパーツ選択終了 はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。