まとめてインプレ

  • 3.4-(多分6月くらいのリリース) CDレスブート機能

正直?な機能かと。とりあえず既存のファイルシステムを壊さないでHDDに入れることができるという程度で、HDDへの書き込みが単体でできるわけでもないし。CDドライブのないノート向けかとも思ったが以下の理由で却下。

boot.iniをいじらないといけないから、何をやってるか分かってない人にはいじらせたくないし、かといって何をやってるか分かる程度の知識があれば他のディストロ入れてデュアルブートすればいいだけ。アナウンス読んだときは仮想計算機機能のことだと思ったので完全に肩透かしを食らった。

  • 3.4-20040820 仮想計算機機能

上で期待していた機能の実装版。coLinuxは管理者権限でのインストール必要、入れた後もこまごまとした設定が必要、グラフィカルなものは全部Win上のXにやらせるのでXサーバ必要、見栄えよくするにはさらにXの入れ込んだ設定が必要…とかなり面倒。一方のQEMUのほうは遅いながらも、上記の問題は基本的に起こらないのでとりあえずKNOPPIXがどういうものかを知る程度なら十分な効果がある。実用に足るパフォーマンスではないのも事実だが…

  • 3.6 FreeNX

KDE版リモートデスクトップ。接続はSSHを経由して行われるので、ファイアウォール側に何か設定が必要と言うことがないのはいいところ。

根本的な問題はKNOPPIXにFreeNXのサーバ機能つける意味あるのかというところ。あくまで試用であったり、他人にFreeNXについてプレゼンするためのものか?

次の問題はリモートの描画をローカルに飛ばすならXで十分ではないかという点。FreeNXが遅い回線速度でもWinのリモートデスクトップ並みのパフォーマンスをしてくれれば十分に意義はあるが、回線速度の制約のある環境でのテストはしていないのでよく分からない。

カテゴリー: Knoppix. まとめてインプレ はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。