SATA

ksにSATAのHDDが届いたので、TA用マシンで遊んでみる。入れたのはWindows XPとFC3test3

  • Windows マザーのメーカーにあるSATAのドライバをダウンロード、DriverDisk以下を全部フロッピーにコピー。XPインストールの最初、「追加ドライバーを入れるならF6云々…」のところで、F6を押す。しばらく待つとディスクを入れろ云々と言われるのでSを押してフロッピーを読ませると、フロッピーの中にあるドライバを認識して使用するようになる。
  • FC3test3 特に何かを準備することなく、そのまますんなりとインストールできた。

とりあえず不自由なく使えているみたいなので、今後数年、新しいマシンがまだ現役のうちにSATAのHDDのほうが安くなったとしても安心してSATAに手を出せるのではないだろうか。

カテゴリー: Comp. SATA はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。