構成の再考

HDDを買って再インストール…というのも面倒なだけだし、もともとHDDにとってよい環境ではないのでシステムの構成に手を入れてみることにした。最近はUSBメモリが安く手に入るし、USBメモリからブートしてデータはネットワーク上に置くほうが楽な気がしてきたので、USBブートの方式を採用してみようと思う。

データの置き場所についてはあらかた解決済みだが、具体的なシステムの構成、ブートメディアに/を入れない方式にするか、最低限のファイルを/においた方式にするかなどは現在考え中。それに応じてdistroは決定されると思う。

KNOPPIXを使うという手を考えているのだが、KNOPPIXってどんどん収録パッケージがアレになっていくのが難点。4.0でついにDVD提供になったというのに、platexすら入っていない始末…apt-getで入れれば済む話ではあるが…

今までLinuxマシンで行ってきた作業だけどWindows上で完結させたほうがよいものも若干あるのでその見直しも行う予定。

追記…USBメモリからのブートに対応していないらしい…。これにより一旦終了

PXEからのネットワークブートって方法もあるけどさ…

カテゴリー: Linux. 構成の再考 はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。