diskless client with PXE boot

ネットをいろいろ調べたけど、結局ここに書かれていることが自分の想像していた構成にもっとも近かったのでこの真似をしてLinuxマシンをdisklessにすることが出来た。このサイトの影響を受けたわけではないけど、distroもdebianになった。最近はVineに負けず劣らず日本語が読み書きできるようなので。

ポイントとしては

  • ホストごとに別である必要があるのは /var 以下の一部のディレクトリなので、それはブートごとにメモリ上に作成するようにする

(/etc 以下の設定ファイルはほとんど共通化できるし、ホストごとに別にしたほうがよい情報はDHCPから与えればよい)

  • ブート時のスクリプトがそれらのディレクトリを使用する前にメモリファイルシステムを作成する

点にだけ気をつければ、後は丸々/以下NFSマウントするだけなのでdebian以外のdistroでも同様にできると思う。

カテゴリー: Linux. diskless client with PXE boot はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。