最近のMS謹製セキュリティ関連ソフト/サービスのまとめ

Windows XP SP2をインストールするときに付随して入れたほうがよいかもしれないソフトをまとめてみた。とりあえず導入コストがかからないものだけで。しかし来年Vistaが出たらまた変わりそうなので、長く使えるものにはならないかもしれない。

Windows UpdateがOSのアップデートのみなのに対して、これはMS Officeのアップデートも同時に行える。自動更新と連携するので自動更新の設定をしておけばMS Officeも最新の状態を保てる。ksでは特にMS Officeを使うことはないのだが、自宅で使うPCには入っていることが多くかつ攻撃対象とされやすいため、常に入れるように意識させるべく必ず入れるよう指導…するのを忘れたorz

MS UpdateへのアップグレードはWindows Updateを起動したときのWebページにMS Updateに関するリンクがあるのでそこから。

MS謹製のスパイウェア検知ソフト。但しまだベータ2。今は大手ベンダーのセキュリティスイートの中にも最近はスパイウェア検知機能が入っているが、ウィルス検知単体でしか契約していない人とか個人向けに提供されているフリーのアンチウィルスソフトを使っている人向け。ksではウィルスバスターを使っているので、導入の必要はないかもしれない。

MS謹製のウィルス検知ソフト。こっちもまだベータ。手動でスキャンする分には無料だが、自動検知は別の有料サービスWindows Live OneCare(現在は英語のみ)に契約する必要がある(どれが有料でどれが無料か、有料無料のサービスの違いについてなどはここに分かりやすく書いてある)。とりあえず今は何らかのウィルス検知ソフトを入れていないことはまずないので、それと併用するとよいかもしれない。Windows Live ToolbarをインストールするとIEから起動できるので楽。(というか、この話はLive Toolbarが出たことを知ってから、ks向けにまとめておこうかと思って書いたものだったり)

広告
カテゴリー: Windows. 最近のMS謹製セキュリティ関連ソフト/サービスのまとめ はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。