Windows Live OneCare

ある日突然、McAfeeがアップデートできなくなったので(どうもIE7を入れたのが原因らしい)、お試しでMS謹製のウィルス対策サービスを使用することにした。

インストール、初期動作あたりは特に引っかかるところはなし。ただ別なマシンで試していたらアップデートできなくなる罠があったので(これもIEを7beta2から7リリースにあげたのが原因か)要注意。改めてインストールしなおせばいいだけだが。

ウィルス対策サービスはリアルタイムスキャン、スケジュールスキャン両対応。例によってeicar.orgのテストファイルでどこまでスキャンできるか試してみたが、リアルタイムスキャンは基本的にネットワーク通信だけしか見ていない(他のソフトだとIO自体も監視してるよね)ような。zipファイルの中身を見ることも無い。これだとzip圧縮されたマルウェアを不用意に解凍実行されるような場合に対応していないんじゃないかと思うのだが、解凍したeicar.comをウィルスと認識していないみたい。この辺りの挙動についてよく分からない。
スケジュールスキャンは基本的に日時と除外ファイルのみの指定しか出来ない。除外ファイルの中の例外を設定するようなことはできない。基本的に簡単なお手軽設定しか出来ないようだ。ヒューリスティックスキャンの類も期待しないほうがよさげかな?

ファイヤーウォールもWindows XP SP2のそれより強化されている。SP2のファイヤーウォールはプログラムが接続を受けつけるかどうかをユーザに聞くようになっていたが、Onecareだとさらに未登録のプログラムがネットワーク越しに接続しにいくのも確認を取るようになっている。ただ他のファイアウォールソフトが確認を取っているときは現時点の接続を保留するのだが、Onecareはまず現時点の接続を拒絶してから確認を求めてくるので注意が必要。

チューンナップはLive Onecare PCセーフティのそれがスケジュール化されているだけ。最近の市販のセキュリティ対策ソフトも同等の機能(スケジュールでクリーンナップとデフラグ実行するだけだが)を有しているので特に差異はないかも。

バックアップは別の方法でとっているのでLive Onecareに含まれるものは使っていない。

カテゴリー: Windows. Windows Live OneCare はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。