MicroSoft Security Essentials(MSSE) 使ってみた

表示言語に日本語がないだけで、日本でもダウンロード、使用できるので試してみた。(6/25追記: ダウンロードできなくなったみたい)

  • Windows 7(x86,x64)上でも特に問題なく使うことができた。
  • IPv6も(たぶん)ちゃんと対応している
  • Eicar testfileだとeicar.com.txt以外は反応した。.txtも保存しようとすると反応する。Windows Live Onecareでも.txtは反応こそするが表示はされてしまう。たぶん同じエンジンを使っていると思うんだがどういうことだろ。(訂正: .txtも表示こそされるがちゃんと反応しました。Onecareと同等です)
  • Live Onecareにあった、ファイアーウォール、チューンナップ、バックアップ機能はなくなっているが、Windows 7では必要なものはすべてOS側で用意されているからたいした問題ではないだろう
  • Windows Defenderは無効化される

基本はLive Onecareだろうから、性能面で問題はない(ver 1.0はひどかったが、ver 2.0はだいぶまともになった)。少なくとも平時でもいちいちポップアップして作業の邪魔をしたり、原因不明の重い動作の原因になっていたり、メジャーアップデートでもなかろうにしょっちゅう再起動を要求するような”自称”ウイルス対策ソフトをわざわざ金を出して買う必要はもうなくなるのではないだろうか。

カテゴリー: Windows. MicroSoft Security Essentials(MSSE) 使ってみた はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。