GT-730F(L)でNTP stratum 1 serverを作ってみた

秋月電子より送料込みで4000円ちょっとで買えた

GT-730F(L)をLinuxに接続する話自体は先人たちの結果もあるし、gpsdを入れておくと認識したGPSを/dev/gps?に勝手に割り振ってくれる。

/dev/gps0 と通信してみるとNMEA-183形式で出力されてるっぽいので、そのまま /etc/ntp.conf に

server 127.127.20.0 prefer
fudge 127.127.20.0

でうまくいくかと思ったが、いつまでたっても同期してくれない。

とりあえずgpsdをあらかじめ立ち上げておいて

server 127.127.28.0 prefer
fudge 127.127.28.0

とすると同期してくれることを確認したので。微調整をしつつ様子見。

PPS同期については、カーネルをはじめとする各種ビルドが必要なこと、そもそもGT-730FがPPSに対応しているか分からないこと、現状の使い方なら1秒程度の誤差なら問題ないことから今回は手を出さないことにする。

4000円ちょっとと今あるLinuxマシンでstratum 1が作れるというのがメリットということで

広告
カテゴリー: Linux. タグ: . GT-730F(L)でNTP stratum 1 serverを作ってみた はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。