私は如何にしてガラケー使うのを辞めてiPhoneに乗り換えたか 2

到着、番号変更

箱の中身。それなりの大きさの箱で来たと思ったら…

中身はほとんどMNP乗り換え割の特典だった。つか、iPhoneのパッケージ小っさ!マニュアルなんてあってないようなもんだし。国産機だと分厚いマニュアル等々で手提げ袋いっぱいにされるのと大違いだ。

とりあえずiTunesにつないでみたが…

SIMカード挿さんとならないのか。SIMカードはパッケージとは別に付いてきたものだろうけど、これどうやってiPhoneに挿すんだ?こういう時に手近なマニュアルがないと少し困る。

とりあえずサポートサイト見てSIMの差し込みを済ませる。次はMNP移行を始める。指定されたURLから必要事項を入力してしばらく待つ…が、何も表示されない。弱いと聞いていたソフバン電波だがここまでとは!と思ったが、どうやら手順が違ったようで

  1. iPhone、ドコモ機を両方offにする
  2. SIMカード入れる
  3. MNP申請
  4. iPhoneをonにする

というのが正しい手順のようだ(マニュアル嫁)。ドコモ機の電源を切ってiPhoneを再起動すると、開通した旨ショートメッセージが届く。届かな いと勘違いしていた電波もちゃんと届いていた。こうしてみると気をつけなければならない点が結構多くショップの人に素直に任せれば、もっとすんなりと事が 運んだのだろう。特にiPhoneの場合は紙のマニュアルは全くないので、自力で解決出来る人じゃないと(オンライン契約は)難しいだろうと思った。

まあ何はともあれ、無事開通。アプリケーションや大まかな設定もiPod touchのものがそのまま引き継げたので驚くほどあっさりと環境構築も出来た。

使用感

使用感としてはやはり一台で全て完結ことは大きいように思える。モバイルルータ+iPod touchだと

  1. ルータとiPod touchを別の入れ物から取り出す(ルータとiPod touchの両方をポケットに入れるのも現実的じゃないだろう。実際はさらに通話用の端末ももってたわけだし)
  2. ルータの電源onにする
  3. 使用
  4. ルータの電源offにする
  5. ルータとiPod touchを入れ物に戻す

といった流れになってちょっと気軽に使うというわけには行かないのだが、iPhone単体だけならポケットから取り出して使えばよいだけなので、ちょっと使いたいときに面倒だなあと思うことは当然なくなる。

懸念されていた通信環境についてもそれほど気になる場面には遭遇しなかった。ごくまれに通信が刺さるのだが、それも再接続すれば問題ない。速度面で も特に気にならない。少なくとも某なんちゃってHDSPAよりははるかに速い。恐らくは3GSになってTouch 2Gよりスペックが上がった分、通信部分がボトルネックになっているように感じたから、遅いと感じるのはそのあたりからではないかと推察してみる。

というわけで、今のところ概ね満足している。モバイルSuicaのせいでためらってないで、もっと速く移行しけばよかったと思った。

カテゴリー: Gadget. タグ: . 私は如何にしてガラケー使うのを辞めてiPhoneに乗り換えたか 2 はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。