Chrome OSビルドしてみた

早速ダウンロードしてビルドしてみた。手続きは公式サイトに書いてあることに従うだけで十分。

スクリプトを起動させると、必要なファイルを取りに行くのだが公開直後ということもあったせいか、サーバエラーが返ってくることがたびたびあった。それでも、いったんダウンロードが終わってしまえばビルド自体は概ねスムースに運んだのだが、一カ所だけcodf192.jail.google.com なる場所がないと言われてエラーを返される。とりあえずこの辺を参考にして、適当なローカル鯖にファイルを置き、スクリプトを書き換えてそこを参照するように仕向けることで回避。何とかビルドを完了させた。

しかしここで意外な落とし穴が。どうせアプリはネットの向こうにあるんだろうから、そんなに容量を食うまいと高をくくって2GBのUSBメモリにインストールしようとしたが、実際は3GBくらいあったようで間に合わず別のUSBメモリに入れる羽目に。

何とかインストールも済ませVaio type Pで起動させてみた。途中で一度何かボタン押さんとログイン画面でないや。

出てきたログイン画面でユーザ名入力すると勝手に@gmail.comが補完されるってことで騒がれているが、Google内部だって他にGoogle Appsとかあるんだからこの補完はよく分からんな。シャットダウンについてはCtrl+Alt+F2でCUI画面に落としてからCtrl+Alt+Delすればとりあえず再起動は出来るようだ(普通にXだな)。

ちなみにローカルにコピーされたレポジトリのパッケージ一覧はここ。ほとんどDebian or Ubuntuのパッケージを元にしたLinux + X11というオーソドックスな作りになっているようだ。当初のニュースとか見てるとカーネルだけLinuxで、ウィンドウシステムは独自で作るものかと思ったがそう言うものでもないらしい(さすがにそれは大変か)。

カテゴリー: Linux. タグ: . Chrome OSビルドしてみた はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。