Chromium OSをカスタマイズしてみる

type PだとCtrl+Alt+F2ではウィンドウシステムからは落ちるがCUIが出ないのでそういうものだと思ってたが、別のマシンで試したら表示がバグってる…(下は動画)

でもDell Inspiron mini 9で試すと、今度はちゃんとCUIが見える。もうUbuntuベースであることを包み隠そうともしていない

ログインを試みるが、インストール時に設定したローカルユーザでは認証出来ない。

Build Instructionより、このときの/はroot.imageの中身のようなので、chrootしてこの中の環境をいじってみる。

/etc/passwd を見る限りではデフォルトの一般ユーザはchronosらしい

とりあえずパスワードを適当なものに変更してイメージを作り直すとログイン出来た。

しかし中身をいじろうとすると、どうやら全てRead Onlyでマウントされてるようで…

さて、どうしたものか。

11/29追記

実はsshは手動で立ち上げればリモートログインも出来たりする。

とりあえずmountを実行してみる。/はrwでマウントされてるみたいだが、そのままremount,rwしてみると…あれ、そのまま通っちゃった。実際にこの状態で書き込みも出来る。

カテゴリー: Linux. タグ: . Chromium OSをカスタマイズしてみる はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。