LaTeXでポスター(a0poster編)

LaTeXで…編その2。LaTeXでA0のポスターを作る時の情報をまとめてみた。さすがTeXだけあって、適当に文章を流し込むだけでそれなりに様になるレイアウティングをしてくれる。

Installation

a0poster(CTAN) ZIP(国内ミラー) zipの中身一式をディレクトリごと %TEXROOT%\share\texmf\tex\latex にぶち込んでmktexlsr (半個人的メモ: こうして手続きが書けるということは…)

作例

A0poster使う上で参考になりそうなサイト

近くにA0プリンタがない場合の対処法

ちなみに自分は幸運にもA0プリンタが使えるとこにいたので、それを使わせてもらった。

プリントして分かった問題点、今後改良すべき点

  • 見やすいよう字は大きくするよう心がけたつもりだが、それでもアウトプットしてみると思ったより字が小さかった。
  • A0ちょうどが入るポスターケースを用意したら、実際の用紙はそれより数cmほど幅があって(全て余白)カッターで裁断する羽目になった。

ハマった点

印刷用PDFファイル作成までにはまった点をいくつか、主にPostScript絡み。

  • dvipdfm(x)でDVI -> PDF変換すると色が消える。 PostScript側で処理を任せている部分があるらしい(詳細不明)。対処法はdvips(k)等でいったんPSにした後、ps2pdfでPDFに変換する。
  • a0b, landscapeだとDVI -> PS変換の際、用紙横向きの情報が伝わらなくなる。その後PDFに変換したり、プリンタに印刷させても縦横が間違って出力されて途中で切れたものになってしまう。手っ取り早い対処法は用紙をa0bでなくa0にする(PostScript側にはA0bなる用紙サイズがない?用紙サイズはマニュアル指定しているはずだが、それは効いてないようだ)。その場合、必然的に紙面が小さくなるのでレイアウト等でいろいろ工夫が必要になる(簡単なのは外枠\begin{poster} ~ \end{poster}を外しちゃうことなど)。実際に作成する上では、PSではなくPDFにしたとき正しく表示されていれば後は何とでもなるはずなので、それを目標としておくといいかもしれない。ちなみにdvipdfmでPDFにしたときや、PSにした後でもps2epsでEPS変換後epssplitで分割したものでは特にそういうことはないのだが。
カテゴリー: TeX. LaTeXでポスター(a0poster編) はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。