Google Apps Engineでjaikuengineを運用するまで

自前でサーバ管理せずに済んで、かつ出来合いのコードで動くコミュニケーションツールってないかなぁと調べているうちにこの構成に行き着いた。しかし、自由度の割と高いサーバ環境を無料で提供するGoogleはやはり恐ろしい…

アプリケーションの登録まで

普通に http://code.google.com/intl/ja/appengine/ のサイトの指示に従っていけば問題ないはず…なのだが(詳細は後述)
要携帯メアド、一度使ったメアドは再利用できない(当たり前か)。ソフトバンクの場合、i.softbank.jpとsoftbank.ne.jpの両方に対応。

正しく登録できたはずなのに一向に管理画面に移動できない問題

指示通りアプリケーションを作成したはずなのに、管理画面に移動せず何故かまた「まずはアプリ登録してね」のページに飛ばされる罠。同じ名前で作り直すと、もうその名前のアプリはあるよって言われる所をみるとちゃんと作成はされてるみたいなのだが…かなり焦った(Betaだからかサポートとかおいてないし…)。よく分からないが

  • Google Appsを使っている
  • Google Accountで使っているメアドはAppsではエイリアス

という特殊な(?)環境のせいで発生したのだろうか。解決策は最初の指示にもあるように

https://appengine.google.com/a/<YOURDOMAIN.COM>/

から「エイリアスじゃないほうの」アカウントでログインすればよくて、そこから入ればアプリケーションの管理画面に移動できる(つまりちゃんと読めってことだ)。

Hello worldまで

これはドキュメントに書いてあるとおりにやれば問題なく動く。

Jaikuengineを動かす

ダウンロード(というよりは、svn co)は http://code.google.com/p/jaikuengine/ 指示に従えばよい

jaikuengineの動作確認

helloworldと同じ要領でやると完全にハマる。doc/README.txtにも書いてあるが、manage.py経由で行うこと。ということで、ドキュメントの指示に従っていく。

Ubuntuの場合、まずは python-django, python-docutils, python-mox, python-profiler のパッケージを入れておくこと

指定されたアドレス(localhost:8080)にアクセスして動作確認をする。ここでは簡単なスクリプトの動作確認しか出来ない(?)。本格的な運用とかはデータベースの関係で無理っぽい

jaikuengineをGAEにアップロードする

これもhelloworldと同じ要領でやってはいけない。doc/README.txtに書いてあるとおりに行うこと。無事アップロード出来たら、登録したサイト名にアクセスしてテストと同じ画面が表示されたらOK。

rootuserのパスワードは?

設定されていない状態ではログイン出来ない(?)。GAEのコンソールからデータベースに直接手を出せるので、そこのActorテーブルにあるrootuserのpasswordのところにデータを突っ込めばよい。パスワードはSHA1ハッシュで格納する。

管理者コンソールはないの?

ないらしい。とりあえずGAEのコンソールから(ry

カテゴリー: 未分類. Google Apps Engineでjaikuengineを運用するまで はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。