wkhtmltopdfをUbuntuで使うためのメモ

HTMLファイルをWebKitでレンダリングしてPDFに出力するソフト。ページそのものはHTMLにしたいんだけど、資料/印刷用にPDFで出力した形式も用意したい場合に便利だと思う。CUIで使えるから何回も出力させる場合は一々印刷でPDF出力させるより楽だし。

Ubuntuだとdebパッケージが用意されているので、aptでインストールするだけでいい

> sudo apt-get install wkhtmltopdf

ただこのまま起動すると、

 > wkhtmltopdf input.html output.pdf
 wkhtmltopdf: cannot connect to X server

と言われてしまった。リモートからsshで入ったのがいけないのか。エラーメッセージでググるとxvfbを使えば良いと書いてあったので、aptでインストール。

 > sudo apt-get install xvfb

使用するときは、xvfb-runを経由して使う。

 > xvfb-run wkhtmltopdf input.html output.pdf

これでめでたくoutput.pdfが出力される。

参考サイト

カテゴリー: Linux. wkhtmltopdfをUbuntuで使うためのメモ はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。