Windows 8絡みで小ネタ二つ

Windows 8でファイルの手動ウィルススキャンをする

Windows 8になってSecurity Essentialsの機能が統合されたのはいいのだが、指定のファイルに対してウィルススキャンをするってのが出来なくなっている。とりあえずコマンドプロンプト(画面左下での右クリックメニューから呼び出せる)から

 >"C:\Program Files\Windows Defender\MpCmdRun.exe" -Scan -ScanType 3 -File (対象ファイル)

でスキャンできる。だけどeicar.comで試してみる限りどこのフォルダにファイルを置いても自動で検知してくれるみたいだから、ダウンロードしたファイルを保存した時点で特に何も言われなかったならこれで改めてスキャンする必要性はないように思える。

Windows 8(たぶん7でも可)で「プログラムから開く」で起動するプログラムを微修正する

もちろん普通は同メニュー内「既定のプログラムの選択」から起動させたいプログラムを指定すればいいわけなのだが、別フォルダにある同名のプログラムに変更したい場合にこの方法だと変更が反映されない。まあこういう時はレジストリをいじるというのが常套手段となるわけだが

 HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Applications\(修正たいプログラム名)\shell\open\command

にある値を目的のフォルダにあるプログラムに変更すればよい(注意: ここに書かれていることを行って何らかの不具合が発生しても、当方は一切責任を負いません)

カテゴリー: Windows. Windows 8絡みで小ネタ二つ はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。