MS Surface Pro買った

林檎以外のPCを買う気をなくす理由の一つは間違いなくプリインストールで入っている余計なソフトウェアどもである。百歩譲ってスタートメニューを汚す程度なら消すなり見なかったことにすればいいのだが、それが常駐しだしてタスクバーに居座るようなことになると目も当てられない。その上、使いもしないくせにいっちょ前に定期アップデートを要求しやがり、挙句それを独自の醜悪な外見のアップデータソフトでさせられるんだからたまったもんじゃない。

じゃあ自作ならいいのかというと、最近だとドライバ入れさせられるついでに余計なソフトを入れさせられる(ついでにそいつらは起動するごとに一々要らん主張をしやがる)。ドライバも今一つ信用できない。もろもろの作業をする上で原則最も完全で安全だろうインストールしただけの素の状態のOSというものにお目にかかることはまずないと言っていい。

なので林檎に続いてOS屋が出すハードウェアには少なからず期待するのである。本当は本家MSから直販で買いたかったが、残念ながら予約して発売日着ってのができなさそうだったので普通にヨドバシで予約。

箱は洒落た感じを出そうとしているというか、どう見てもApple製品のパクr…げふんげふん。まあ、最近はどれもパッケージやらCMやら似たようなものだが。

IMAG0014

電源を付けるとSurfaceの文字が。

IMAG0028

後はいつものWindows初期設定と同じだがSurfaceのロゴが右上に

IMAG0029

設定終了でスタート画面に移行。

スクリーンショット (1)  スクリーンショット (2)

LiveCam Dashboardというカメラ関係のアプリとSkypeが入っている他は素のWindowsそのまま。素晴らしい。ちなみにType CoverにもPrintScreenキーのないSurfaceでどうやってスクリーンショットを取るかというと本体のWindowsボタン+ボリューム(-)キーで取れる。(参考:  How to take a Screenshot on Microsoft Surface )

Officeは最初は使えない状態になっていて(恐らくデータ自体はあると思われる)、インストーラを使ってインストールさせられる。最近のメーカー製のも同じ?

Windowsエクスペリエンスインデックスは5.5。グラフィックスが足を引っ張るのは性質上それほど問題ないと思うが、メモリが少し低いのが気になる。

スクリーンショット (4)

SSDは256GBのを選択したが、Officeインストール前で空きが200GBと少し。

スクリーンショット (5)

ドライバはBlueToothと無線LANの2種類だけが非MSドライバだった。後はMS謹製。

スクリーンショット (7) スクリーンショット (8)

Officeを入れた後でのインストールされたプログラムの一覧(撮り忘れとも言う)。最初はMSXMLパーサだけ入っていた状態と思われる。

スクリーンショット (6)

とりあえずソフトウェア的にはほぼ期待通りの余計なものが一切ない状態である。

ハードのほうについては、持った感じはやっぱりタブレットとは違う重さがある。

Type Cover裏。初代iPad用公式カバーの裏面の触り心地に近い。

IMAG0041

Type Cover表

IMAG0039

打鍵感はまあまあ。某風呂蓋宜しく閉じるとスタンバイになるのは当然として、カバーを背面に持っていくとちゃんとその時の打鍵は無視されるようになっている。タブレットとして使う場合に背面のキーに触って勝手に入力されるとか間抜けなことはないようで安心。

TypeCoverについているタッチパッドは一応マルチタッチ対応のようなのだが、狭いのと反応が悪いせいでMacbookのように気持ちよく操作できるわけではない、残念。

付属のスタイラス

IMAG0040

電磁誘導ペンらしい。直接画面に触れなくてもカーソルが動いてる。ペンで触った時と指で触った時とちゃんと動作が違っているのが何気にすごい。ただし3DSのようにこのペンを収納してくれるスペースはないのに注意。一応電源ケーブルの場所にくっつくようになっているけど、当然ケーブルとは排他になるし、それほど吸着力が強いわけでもないから油断すると落っことしそう。

ACアダプタ

IMAG0027

USB充電用の口があるので、iPadを持って行っても安心(ぉ。ケーブルのほうは一応Mac同様にまとめるための留め具はあるのだが、何も巻きつけるものがない状態でこの留め具だけつけられても…。このアダプタに巻きつけろということか。

買ったばかりでまだ使い込んでいないけれど、実際ソフトウェアに関しては期待通りの無駄のなさ、そしてハードウェアに関しても良くも悪くもカタログスペック通りの性能と言ったところか。メーカー製PC(特に日本)にありがちなカタログスペックだけ全面に押し出して、いざ製品を触るとソフトがくsすぎてがっかりというのは全くない。今後も順当に進化してくれれば、十分本命も狙えると思うのでMSには是非続けてほしいところだ。

広告
カテゴリー: Windows. MS Surface Pro買った はコメントを受け付けていません。