Windows 8のスタート画面のどこがダメなのか

一言で言えばそれまでと比べて単純に手間がかかり過ぎるのである。従来であればショートカットを作っていないプログラムにアクセスするにはスタートメニューをクリックした後、あとは階層をホバーでたどって目的のプログラムにたどり着いたらそれをクリックすればよかった(つまりクリック回数は2回)。それが8になって左下クリックでスタート画面、右クリック、右下移動、すべてのアプリアイコンクリック、目的のプログラムクリックの計4回とクリック回数が倍増している上、カーソル移動も従来の比でない(一応、チャームから検索を出せばクリック数を1つ減らせ、カーソル移動も大幅に減らせるが、そんなの従来のWindows文化とはかけ離れている)。当初画面遷移が問題だと思ったのだが、考えてみるとMacのLaunchpadも画面遷移であってこちらは今となってはそれほど気になるほどでもない。Macの場合はきちんとタッチパッドに最適化しているのが大きいのだろう(でも、これも導入当初は紛糾があった)。

もう一つの問題点はすべでのプログラムではこれまでフォルダの階層構造に上手く隠ぺいできていたどうでもいい項目まで何もかもすべて同列に並べている点だと思う。これに関する一つの解決策はLaunchpad(もしくはその元となるiOS)みたいにフォルダ構造を導入することである。ただし、そもそも結局一つのプログラムをインストールしたところで複数項目追加されるとして、実際のところプログラム本体以外はアンインストーラであったり、もしくはReadme.txtやメーカーWebサイトへのリンクだったりわざわざメニューに登録するほどのないものばかりだったりするのだから、それらをなくしてしまうだけで解決する。こればかりはMS側というよりはソフトメーカー側の文化の問題だろう。

こんなことを書いているうちにWindows 8.1のプレビューが出た。巷ではWindowsアイコン復活->残念、スタート画面に移行するだけでしたって流れのせいで出足を挫かれた感一杯だが、上記の観点から評価してみると意外と良くなっているという結論になる。

新・スタート画面、アイコンの大きさ以外8と変わらないように見えるが…

ss1

デスクトップアイコンがある下あたりにカーソルを持ってくると下矢印アイコンが出てくる。

ss2

これをクリックするとすべてのアプリ表示に切り替わる。

ss3

そもそもタイルアイコンいらない派なら、Windowsボタンクリックでいきなりこの画面に移動できるよう設定もできる。

ss4

この設定の下でマルチタッチパッドなりホイールなり使えば、クリックの回数は以前と同じ2回で済み、かつカーソル移動もあっち行ったりこっち行ったりをすることはないので、充分妥協は出来るレベルではないかと思う。惜しいのは下矢印アイコンは最初から出ていないのでピンポイントでそこに移動することが難しいのと、あと欲を言えばデスクトップからタイル画面とすべてのプログラム表示とを使い分けられればなおよかったのだが。

以下愚痴(このブログ自体愚痴っぽいけどw)

Macのモーダル画面にしてもそうなのだが、8からのMSのアプローチの最大にまずいところはデスクトップ上で複数のアプリを連携させるというこれまで培ってきた文化を完全に破壊して使い勝手を退化させていることにあると思う。

あと、どうやら8のスタート画面は「新規ユーザーには好評」らしい。そういえば同じく非難ごうごうだったOfficeのリボンUIでも同じこと言ってましたね>MSさん。今のこの時代、どの程度いるのかも分からない(そしてUIのおかげで選んでくれる)新規ユーザーばかりにかまけて、大多数の既存ユーザーを軒並み蔑ろにするってのはどうなんでしょうねえ(他が不甲斐ない以上、既存ユーザーは抜け出しようもないんだけど)。

カテゴリー: Windows. Windows 8のスタート画面のどこがダメなのか はコメントを受け付けていません。