MacBook買った

ついカッとなって全部乗せで買ってしまった。反省している。

  • 入ってるOSのバージョンは10.10.2。最新は10.10.3なのでそういったマシンから移行すると色々めんどくなるので移行の前にOSのバージョンアップはすべき(近いうちに最新になるだろうけど)。
  • やっぱり画面きれい(でも実はPPIで言うとSurface Pro 3とそう変わらない)。発色がAirと全然違う。むしろMBP Retinaに近い。
  • デフォルトの解像度は1280×800で、実は画面サイズの2倍になっていない。でも2Xのはずの1152×720にすると逆にボケて見える。OS側で調整してるのか単に慣れの問題かは分からない。
  • Core M 1.3GHzの性能はとりあえず普段使いでは気になるほどではない。だけどソフトインストールの最終処理とか、TimeMachineの初回バックアップ、FileVaultでの初回暗号化、重いソフトを立ち上げるなどのCPUをフル稼働させつづける作業はやっぱり相対的に時間がかかってるように感じる。
  • キーボードの打鍵感がこれまでのAirやProなどとは違う。感覚的には Surface (初代) Type Cover < MacBook < Surface 3 Type Cover < Air, Pro(右のほうが打鍵感よい)。でもLet’s NoteみたいなノートPCのキーボードに慣れていればそれと同じかいく分マシだと思う。バックライトでキーボードが明るくなるのは健在だが、今までの光がキーの隙間から漏れ出る感じじゃなくてちゃんと文字盤が光ってるのでこれはいいと思う。
  • Force touch(Taptic Engine)はすごいというかキモい。ただデフォルトだと強く押すアクションが文字通り相当強く押さないと反応しないので、設定(システム環境設定 > トラックパッド > クリック)で弱めたほうがやりやすい(それによる誤爆は今のところない)。あと従来の機械式だと右クリックに相当する操作の反応がたまに悪かったりするのだが、今のセンサー方式だとそのようなことがないのは地味に快適。
  • 色はせっかくだしスペースグレイを選んだのだが、USB3.1ケーブルの白色が絶望的に合わない(多分どの色の本体を選んでも合わないと思う)。これまでのMacのデザインの一体感とは明らかに一線を画すダサさ。ACアダプターもケーブルを巻き付ける機構なくなったし(代わりにアダプタからケーブルが外せるようにはなったが)。
カテゴリー: Mac. MacBook買った はコメントを受け付けていません。