Surface Book買った+Win10時代のデータ引っ越しについて

届いたのは発売日の午前中だったけど結局使えるようになったのは昨日の夜遅くという問題。

PCデータをSurface Bookに移すとき

  • ユーザデータとユーザ固有の設定、情報だけ移動できれば十分なのだが、フリーソフトや市販のソフトではそれ以外のものも強制的に移動させられてしまった上、移行先のマシンにログインできないオチ。
  • 8にあったWindows移行ツールをコピーしてむりやり10で動かしてみたが、設定ごとコピーするようにしたはずなのにデータしか移行出来ていなかった(データとユーザアカウントまではちゃんとコピーしてくれただけでも御の字かもしれない)。あと移行ツールって別にSIDをキープしてくれてるわけでもないのね。
  • AppData以下をそのままコピーしたらEdgeが立ち上がらなくなりどうにもならなくなって一度ユーザデータを残して再インストールを選択する羽目に。(これは自分が間抜けだっただけだが)

以上を踏まえると結局新しいマシンで普通にユーザを作り直して、データを手でコピーする古き良きやり方が一番安全という極めて残念な結果に。8で出来ていたことが劣化して出来なくなっていくってどうなのよ。Winはこういうところが駄目だよなあ。

肝心のSurface Bookの出来は

  • カバーにタイプするのとは明らかに違う打鍵感。Macbook Proと変わりない。
  • タッチパッドの出来もかなりいいと思う(Macbookはさらに先を行っちゃったけど…)。ジェスチャーが充実していないがこれはソフト側でどうにかなる問題だろう。
  • 画面もきれい。HiDPI対応のソフトも増えつつある
  • 分離してタブレットに出来るのだが、この辺の操作がまだ小慣れてない。
  • Dockをつないだ状態で分離して再接続してもDockにつないだデバイスはそのままでは再認識されない。一度Dock側をつなぎなおす必要がある。
  • Windows Helloが思ったよりすげー快適。ノートを開いて特に手を触れることなく、パスワードを入力するよりも早く認証してくれるのがすごい。

総じてノートPCとしては前評判通りよく出来ている。

 

カテゴリー: Windows. Surface Book買った+Win10時代のデータ引っ越しについて はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。