Windows 10 IPでbash走らせてみた

Build2016はライブで見ていて楽しみにしていたのだが、ようやく環境が整ったので噂のbashを動かしてみた。

まずすごく気になるのはターミナルのダメさ。vi開くごとにフォントがでかくなる。フォントの設定で直るが当然一々そんなことするのは面倒。リリースまでにちゃんと直るかな。

あとファイルシステムのうちいくつか(主にtmpfs絡み)の処理が適切にされておらず、必要なものがマウントされずアクセスできないせいで動かないプログラムがいくつかあった。 例えば /run/resolvconf/resolv.conf とか /run/lock とか。この辺りをとりあえず適当に作ったり設定したりすれば一応ちゃんと動くかも(前者は名前解決が必要なものつまりネットワークにつなげるもの全部で後者はロック管理が必要なもの)。ちなみに/etc/fstabには/はext4でマウントされると書いてある。インストールされるプログラムにはfdiskとかあったりするので、この辺りをいじられるととんでもないことになりそう。

最初は設計には気になる点はあるのだけれど、単にソフト開発でUNIXツールを使う分にはこの程度でもいいのかなと思ってたけど、結局ベースがWindowsシステムなのに、その上に中途半端にいろいろできるLinux互換性が入ったせいでいろいろ面倒なことになって、これならcygwinレベルで割り切ったサブシステムを入れるか、逆に完全にUNIX互換ベースにしちゃわないと(こっちはまあ無理だろうけど)ダメかもなという印象になりつつある。7月のリリースまでにはかなりましになっていると信じたいけど。

カテゴリー: Unix, Windows. Windows 10 IPでbash走らせてみた はコメントを受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。