単語をカウント

Rubyはよく分からないので(ぉ、sed, sort, uniqあたりを使って書いた。

$ cat *.tdc |sed '/^TDIARY2\.00\.00/d' \
|sed '/^Date:/d;/^Name:/d;/^Mail:/d;/^Last-Modified:/d;/^Visible:/d;/^$/d;/^\.$/d' \
|tr A-Z a-z|tr -cs a-zA-Z '\n'|sort |sed '/^$/d'|uniq -c |sort -nr

単語カウントのネタは毎度ksでやってたので…。

あと、Rubyはよく分からないのですが(くどい

  • 小文字にするのは word.downcase! でよいのでは
  • words=Hash.new(0)でHashの規定値を0に出来るのでキーの有無で分岐させる必要が無いのでは

というところが細かいところですが気になりました。

広告
カテゴリー: Comp. 単語をカウント はコメントを受け付けていません。

Firefox設定備忘録

  • 画像アニメーション無効化 image.animation_mode の値を”none”
  • TBEで外部リンクを別ウィンドウで開かない browser.tabs.opentabfor.outerlink.level の値を-1

Firefoxならアドレスバーにabout:configで打ち込んで、そこで設定(フィルタで絞り込むと見つけやすい)。もしくはプロファイルフォルダのuser.jsに

user_pref("browser.tabs.opentabfor.links.targetBehavior", -1);

とか書いてしまってもいい。

カテゴリー: Comp, Memo. Firefox設定備忘録 はコメントを受け付けていません。

Thunderbird設定備忘録

IMAPの新着チェックでサブフォルダまで調べる場合はuser.jsに以下の一行を書く。

user_pref("mail.check_all_imap_folders_for_new", true);

http://www.mozilla-japan.org/support/thunderbird/tips#beh_downloadstartup より

カテゴリー: Comp, Memo. Thunderbird設定備忘録 はコメントを受け付けていません。

さくらのレンタルサーバで気をつけること

Digest認証使えない…

カテゴリー: Comp. さくらのレンタルサーバで気をつけること はコメントを受け付けていません。

SoftEther VPN router

鯖がWin2kでブリッジが使えなかったので(ハード的な制約からOSのアップグレードは難しかった)、SoftEtherは役に立ってなかった。こっちはブリッジ接続を使わなくてよさそうなので試してみたが…

早い話、いわゆる仮想HUBや仮想NICといったSoftEtherとしての基本的な仕組みはまったく変えることなく、片方のマシンの側の仮想NICの機能を(仮想LAN側に居るマシンから見たときには)NATルータとしての機能に制限する代わりに管理者権限を要せずに設置できるというもののようだ。

つまりSoftEtherのメリットである、HTTPSプロトコルでVPNが出来るというところだけができて、内部ネットワークに1HOPでたどり着けることが出来なくなっているバージョンと考えるとよいようである。パケットのTTLが1HOPになっているようなマシン(家電?)にアクセスするようなことは出来ないようだ。

さらに言うならPPTPを使えば2HOPながら同じネットワークアドレスをもらうように設定できるが、このソフトではそれも出来ない(はず)

ブリッジにしてまったく同じネットワークに属するようにしたかったので、今回の目的と合致せず結局新しいマシンを用意する必要があるようだ…

(一台使ってないのがあるのでそれにさせようとは思うが。それが出来る時間と予算は当面先の話になりそう…)

カテゴリー: Comp. SoftEther VPN router はコメントを受け付けていません。

Vine-3.1

Vine-3の安定版がようやく出たので早速インストール。以前ファイル鯖を立てようとしたときにVine利用を挫折する理由であった、VIA C3なCPUではportmapが死んでしまう問題はいまだ解決されていなかったが、portmapのSRPMを取ってきて自前でビルドしたものと入れ替えたら問題はあっさり解決した。

3.1になってdistro側で、Canonで提供されているLBPのドライバが組み込まれていて大助かりなのだが、TeXで打った文章の分数の横線が表示されていない問題については解決していないようだ。CUPS側で提供されているLIPS IVのドライバを使えば品質が多少落ちるが(文章出力では殆ど気にならない程度の差)、この問題は起こらないのでそちらで代用する。

カテゴリー: Comp. Vine-3.1 はコメントを受け付けていません。

フォント

今まで特にこだわるものでもなかったのだが、Vine3.0で使われている東風はあまりに癖がありすぎてちょっと配布物として利用するのに抵抗があるのでVineのCRを買ってリコーフォントを入れてみる。

VineCRはインストールCDの中身がFTP版と同じと言うわけではないようで、商用のアプリもAppendディスクに入っているわけではなく、他のフリーソフト同様i386バイナリに入っているのを持って来る。Vine3.0でも特に細工する必要なくそのままrpm -ivhでインストール可能。

X周りの設定はVineDocsこのページに書いてある通りに行えば、あっさり完了。

GhostScript周りの設定ではいろいろいじってみても東風がリプレースされずいろいろ悩んだが、何のことはなく東風を消してしまえばよかったのであった。(実際それ以前にグーグルで調べていろいろいじっているので、それも必要かもしれないが今回はそこまできちんと追求はしてない)

実際に印刷した結果を比較すると、リコーフォントは複雑な作りになっている字には強いみたいだが、殆ど渡邊フォントと変わるわけではなく(さすがxxxxしただけのことはあるとは某氏の言葉)、(値段とか、ライセンス的な問題はさておいて)どちらがいいかは殆ど好みの問題なような気がしてきた

カテゴリー: Comp. フォント はコメントを受け付けていません。