Amazon Echo Dot買った

気になった点だけ書く

一々、詳細に命令しないとちゃんと動かないのは面倒くさい

例えばラジコでNHKラジオ1を聞きたかったら、一々「ラジコでNHKラジオ第一東京をかけて」って言わないとちゃんと動かない(東京まで言わないと誤認識する)。列車の運行情報にしても普段使う路線なんて限られているんだから、「今日の路線状況は?」の命令だけで、通勤に使う路線など必要な情報だけまとめて出してくれれば十分で、例外的に他の路線状況を知りたい時だけ詳細までいえばいいはずだ(得てしてそういう時はPCなりスマホなりで調べるが)。

こういう自然言語で命令するのってキーボードでタイプするのでも面倒なのに声に出して言うのであれば余計煩わしい。そもそも人間相手に会話するとき都度一々詳細まで丁寧に言うことは稀だろう(もしそのような状況になったらシステムの側に問題があると疑うべきだろう)。個人で使う機能なんて高々限られてるんだから、アクセスさせるための手間をすべて平等に扱う(≠すべての機能に平等にアクセスできる)必然性はなく、さっさとパーソナライズして短い言葉でアクセスできるようにしてほしい。

それこそ「おはよう」の一言で、今日の天気(+傘が必要かどうか)、通勤路線の状況、今日のニュースまで一通り言ってくれるだけで十分(各人に応じて必要な情報を選択できるようになっていればなおよい)。これを究極的に突き詰めると「アレ」の一言で、すべて通じてしまう妻or母のようになるが。

スキルが一々「(スキル名)を始めます」とか「(スキル名)を終了します」とか言わなくていい

これのせいで前後数秒間無駄が生じる。ひどいのになると命令した後も明示的に終了させないと居座った挙句自社アプリの宣伝しだしたりするから性質が悪い。尼は本気で流行らせようとする気があるなら、こういうものを排除するための林檎みたいにUIデザインポリシー定めて、そこに合致しないものは許可しないくらいでいかないとだめだと思う。

 

必要最低限の命令 -> 必要かつ十分な出力 -> それで終わり(余計なことはしない) というのはプログラムの基本だと思うんだが、なぜかこの基本が全くできてないスキルが多い。

何か作業をしながら手を使うことなく命令できるのは確かに便利で素晴らしいコンセプトだけど、これがどのようなものであるべきかわかってない奴らがスキル作ってるせいで折角の近未来デバイスが最終的に今一つの出来になってる感がどうしても否めない。これからよくなることを期待したい。

広告
カテゴリー: Gadget, Uncategorized. Amazon Echo Dot買った はコメントを受け付けていません。