Windows 10 IPでbash走らせてみた

Build2016はライブで見ていて楽しみにしていたのだが、ようやく環境が整ったので噂のbashを動かしてみた。

まずすごく気になるのはターミナルのダメさ。vi開くごとにフォントがでかくなる。フォントの設定で直るが当然一々そんなことするのは面倒。リリースまでにちゃんと直るかな。

あとファイルシステムのうちいくつか(主にtmpfs絡み)の処理が適切にされておらず、必要なものがマウントされずアクセスできないせいで動かないプログラムがいくつかあった。 例えば /run/resolvconf/resolv.conf とか /run/lock とか。この辺りをとりあえず適当に作ったり設定したりすれば一応ちゃんと動くかも(前者は名前解決が必要なものつまりネットワークにつなげるもの全部で後者はロック管理が必要なもの)。ちなみに/etc/fstabには/はext4でマウントされると書いてある。インストールされるプログラムにはfdiskとかあったりするので、この辺りをいじられるととんでもないことになりそう。

最初は設計には気になる点はあるのだけれど、単にソフト開発でUNIXツールを使う分にはこの程度でもいいのかなと思ってたけど、結局ベースがWindowsシステムなのに、その上に中途半端にいろいろできるLinux互換性が入ったせいでいろいろ面倒なことになって、これならcygwinレベルで割り切ったサブシステムを入れるか、逆に完全にUNIX互換ベースにしちゃわないと(こっちはまあ無理だろうけど)ダメかもなという印象になりつつある。7月のリリースまでにはかなりましになっていると信じたいけど。

広告
カテゴリー: Unix, Windows. Windows 10 IPでbash走らせてみた はコメントを受け付けていません。

Surface Book買った+Win10時代のデータ引っ越しについて

届いたのは発売日の午前中だったけど結局使えるようになったのは昨日の夜遅くという問題。

PCデータをSurface Bookに移すとき

  • ユーザデータとユーザ固有の設定、情報だけ移動できれば十分なのだが、フリーソフトや市販のソフトではそれ以外のものも強制的に移動させられてしまった上、移行先のマシンにログインできないオチ。
  • 8にあったWindows移行ツールをコピーしてむりやり10で動かしてみたが、設定ごとコピーするようにしたはずなのにデータしか移行出来ていなかった(データとユーザアカウントまではちゃんとコピーしてくれただけでも御の字かもしれない)。あと移行ツールって別にSIDをキープしてくれてるわけでもないのね。
  • AppData以下をそのままコピーしたらEdgeが立ち上がらなくなりどうにもならなくなって一度ユーザデータを残して再インストールを選択する羽目に。(これは自分が間抜けだっただけだが)

以上を踏まえると結局新しいマシンで普通にユーザを作り直して、データを手でコピーする古き良きやり方が一番安全という極めて残念な結果に。8で出来ていたことが劣化して出来なくなっていくってどうなのよ。Winはこういうところが駄目だよなあ。

肝心のSurface Bookの出来は

  • カバーにタイプするのとは明らかに違う打鍵感。Macbook Proと変わりない。
  • タッチパッドの出来もかなりいいと思う(Macbookはさらに先を行っちゃったけど…)。ジェスチャーが充実していないがこれはソフト側でどうにかなる問題だろう。
  • 画面もきれい。HiDPI対応のソフトも増えつつある
  • 分離してタブレットに出来るのだが、この辺の操作がまだ小慣れてない。
  • Dockをつないだ状態で分離して再接続してもDockにつないだデバイスはそのままでは再認識されない。一度Dock側をつなぎなおす必要がある。
  • Windows Helloが思ったよりすげー快適。ノートを開いて特に手を触れることなく、パスワードを入力するよりも早く認証してくれるのがすごい。

総じてノートPCとしては前評判通りよく出来ている。

 

カテゴリー: Windows. Surface Book買った+Win10時代のデータ引っ越しについて はコメントを受け付けていません。

Windows10使用後雑感

よくなったところ

  • カレンダーはWin8初期同様にGoogleカレンダーと直接接続できるようになった。
  • スクリーンセーバーが少しだけお洒落になった。

ダメなところ

  • スタートメニューのアプリ表示領域は領域自体の幅は設定できるのだが、各項目が保持できる幅は固定。8時代からの悪習。
  • 音声ミキサーでアプリごとの音量制御ができなくなった。仕様?バグ?
  • 単色背景で選べる色が制限された。Win8.1以前からのアップグレードだとそのまま維持されるのだが、一度設定を変えてしまうともう二度と戻せない。
  • 仮想デスクトップは一見便利そうなのだが、デスクトップの切り替えが面倒なので結局これまで通り使ったほうが楽という残念な結論に。Mission Controlなみの使い勝手になるにはまだまだ時間がかかりそう。

よく分からない部分

  • Surface Penで画面なぞっても反応しなくなった。ノックの部分を押すとOneNoteが立ち上がるのでデバイスそのものが認識されなくなったわけではないみたいなのだが…。(追記: 単に電池切れてたみたい。ノックの部分は別の電池で動いていただけ)
カテゴリー: Windows. Windows10使用後雑感 はコメントを受け付けていません。

Windows10にアップグレードしてみた

まずはSurface Pro 3。MS謹製のハードウェアなんだからインストールできないわけがない(願望)。事前の環境調査でも問題なかったし。例のC:\$Windows.~BTは午前1時には来てたらしいが、実際にアップグレード出来ますと言われたのは午後4時くらい。そこから手順通りにやって30分程度で難なくアップグレード完了。

次は例のIntel Compute Stick。今日になるまで通知領域に例のWindowsアイコンは出ず。仕方ないのでISOをダウンロードして、それを展開したものをSDカードの中に突っ込んでそこから起動する。残り容量が13GB程度しかなかったので正直ダメもとだったが、意外にもすんなりとアップグレードできた。やるじゃん。ちなみにアップグレード後の残り容量は9GBだった。

なお今回はインストールレポなので細かい使い勝手はおいおい。

折角なのでStick PCでWin 10と同時にリリースされたマイクラ for Win10 BETAで遊ぼうと思ったら、何故かインストールのアイコンが押せない。よくよく見てみると…

サポートされるプロセッサ x64

おぉう…。Stick PCを(今はまだ)お勧めできない理由がまた一つ増えてしまった。

カテゴリー: Windows. Windows10にアップグレードしてみた はコメントを受け付けていません。

Intel Compute Stick買った

ついカッとなって買ってしまった。反省している。Surface Proが落ちた時など長い時間Windows機が使えない場合の予備機として買ってみた。小型PCに関しては長い間いろいろと買ってきてるが、最先端のフルスペックWindowsが動く時代になったんだなあ。

USBバスパワーで動くとのことだったが、設置場所の近くにあったnasneのUSB端子から供給される電力では足りないせいか何も表示されなかったので結局付属のUSB-AC電源を使った。

なりは小さいが、れっきとしたWindowsPCなので、電源を入れれば後はいつもの初期設定を行えばよい。ただその時にはUSB接続のキーボードとマウスが必要(頑張ればどちらかだけでも対応可能だと思うがそっちは大変なのは明らか)。Unifying的な一つのレシーバーで複数の無線デバイスが使えるものがあるとハブを用意しなくてよい。

設定が終了すればいつものWindowsの画面なので、別に感慨も何もなく…。とりあえずyoutubeの4k動画を再生してみるが特にカクつくということもない。テレビという機器の特定を考えてもストリーミング放送何かを流しっぱなしにするにはいいかもしれない。ただ如何せん素のWindowsなので、そこにたどり着くまでにキーボードとマウスが必要になってしまうのがなんとも…。Windows Media Centerが無くなったのが悔やまれる。

ちなみに入ってるOSはWindows 8.1 with Bing。BingをIEのデフォルトの検索エンジンにする代わりにライセンス料安くするってことらしいが、あくまでデフォルトってだけで後でGoogleにしたりBingを消したりしても一向に問題ないという良心設計。

とはいえ、そろそろWindows 10もリリースされるのでさっさと10にアップグレードしたいと思っていたのだが、Windows 10アップグレード要件を見ると…

  • プロセッサ: 1 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサまたは SoC
  • メモリ: 32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
  • ハード ディスクの空き領域: 32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 20 GB
  • グラフィックス カード: DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
  • ディスプレイ (画面解像度): 1,024 x 600

とりあえず8が動くスペックなら何とかなると思っていたのだが、購入直後にWindows Updateをした後の容量を見ると…あ、あれ?

cap

まさか今の時代になってストレージ容量が原因でアップグレードできないとは…。

一応購入直後の容量がこんなもんなので何とかならなくもない?

cap2

こういう事情なので今買うのは完全に得策ではなかったと感じた(せめてWindows 10プリインストール版が出るのを待とう)。他にも無線LANがacはともかく5GHz帯すら非対応だったりするので、本格的に使えるようになるのは早くても次の世代からのように思える(それまで生き残っていればいいけど)。

テレビにつないでつけっぱなしにしても気にならないので何かいい使い方がありそうなものだが、やっぱり素のWindowsなのでキーボードとマウスを使わなきゃならんというのも残念極まりない(素のWindowsなのでその気になれば色々出来るだろうけど、その障壁はでかい)。

カテゴリー: Gadget, Windows. Intel Compute Stick買った はコメントを受け付けていません。

Surface Proでデスクトップアプリをくっきり表示させる方法

Surface Proと書いたが別にRetina MacでWindows走らせたときなどHiDPIディスプレイを使ってすべての項目のサイズを150%以上に大きくしたときにアプリがぼけぼけで表示されたときには一律に有効なはず。以前は項目のサイズ側はあきらめて125%程度の大きさで妥協して、個々のアプリの側で表示を大きくすることで対応していたのだが、実はこういう解決法があったらしい。

一部のデスクトップ アプリケーションが高 DPI ディスプレイでぼやけて表示される (support.microsoft.com)

MacはRetina非対応表示のぼけぼけ具合がひどすぎた分アプリ側の対応は割と早かったと思うが、Windowsの場合未だにChromeどころかOS内管理ソフトですらぼけぼけだったりするのはどうにかしてほしいなあ…。

カテゴリー: Windows. Surface Proでデスクトップアプリをくっきり表示させる方法 はコメントを受け付けていません。

Surface Pro 3が来た

IMAG0158 IMAG0159

箱の表と裏。

IMAG0164 IMAG0166

箱をあけると本体が顔を出す。マニュアルの下にスタイラスペン用の電池が入ってる。

 

ハード面

まず手でもって明らかに軽くなってることに驚き。画面は大きくなって確かによくなった。

SSDは256GBでもあまり容量に余裕がなかったのと容量が多い方が速いということらしいので、奮発して512GBにしてみたが考えてみたら結局SATA接続なのでそこがボトルネックになるのだから意味のないことに気づいたが、まあいいや。

付属品面

スタイラスペンは電池式らしい(それも単6)。背中?をクリックすると勝手にOneNoteが起動する。起動するアプリを変えるor何もさせないなどの設定はどうしていいか分からない。あと無印と違ってマウス的な使い方は出来ない。あれ結構便利だったのに…。すぐに消すようなメモを書くのにペイント立ち上げて適当に書いて消すって使い方も出来なくなってる。つまりは完全にOneNote専用のペンになってしまっていて、無印と比べて全く使えなくなってる(訂正: ポインタ的な使い方もできるようだ。でもBluetoothだからなのか認識されるまでラグがある気がする)。余談になるが、当然言えば当然だが無印のスタイラスペンは3では使えない。

それにType Cover付属のスタイラスホルダーは糊で貼付ける形式でなんかしょぼい…。裏を返せば好きなところに貼れるのがいいとも言えるが、ホルダーがきつきつなので出し入れてるうちに取れちゃいそう。

逆にType Coverのトラックパッドの使い心地は無印に比べて大分よくなってる。マルチタッチでのスクロールもスムーズ。スクロールの方向を逆に出来ればなおよかった…って設定どこにあるの? (追記: PC設定->PCとデバイス->マウスとタッチパッドから設定変更可能。TypeCoverのタッチパッドは高精度という扱いらしい)。あとCapsキーがLockされると光るMacと同じ仕様に(あとType Cover 2からだがキーボードが光るのも同じ)。

 ソフト面

Win7機からSurface Pro(無印)に移行したとき同様に転送ツールを使えば楽かなーと思ったら、8.1から8.1への転送は出来ませんてなんじゃそりゃ。無印に移行したときはようやくこれでMacなみになったかと感心したのにやっぱりダメダメなMS。色々調べるとどうも8->8.1でそういうのに使えそうなツールがごっそりとなくなってるようだ。スタート画面問題の陰でこんなことになっていたとは…。とりあえず無印のほうをリフレッシュすることでWindowsのバージョンを8に戻すことで転送ツールを使えるようにした。まあ、次新しいマシン買うときはWindowsも9になってるからそのときは転送ツールで8.1->9への引っ越しくらいできるだろう。

あとInstant Goは対応じゃなかったの? 少なくともハード的には対応しているらしいが…。スタート画面に電源ボタンがあるもののInstant Goは対応しているようだ。ここに書いてあるようにpowercfg /aで確認すると「スタンバイ(接続しています)」ってなっているし…直訳調なので分かりにくい。

無印はよけいなアプリがほとんど入っていなかったのが好感持てたが、何か今回は色々入りだしてるのも気になる。基本的にストアアプリだから消すことにそれほど面倒さは感じないのが救いだが。

結論

引っ越しに手間取っていて未だに本格的に使い込めていない。スタイラスペンが初代仕様に戻ったSurface Pro 4が待ち遠しいですね。

カテゴリー: Gadget, Windows. Surface Pro 3が来た はコメントを受け付けていません。